HOME » あなたにピッタリな墓地・霊園の探し方 » 民営墓地と寺院墓地の3つの違いをチェック!

民営墓地と寺院墓地の3つの違いをチェック!

終活には欠かせない墓地選び。民営墓地と寺院墓地のどちらを選べばよいか迷う人も多いでしょう。

ここでは、宗教、料金、墓石のデザインの3つの視点からそれぞれの特色をご紹介します。

今からしっかりと違いを把握しておきましょう。

信仰している宗教で弔ってもらいたいかどうか

民営墓地と寺院墓地のどちらかを選ぶ際、まず考えていただきたいのが、ご自身が信仰している宗教を大切にしているかどうかです。その宗派で手厚く弔ってもらいたいのか、通いやすい墓地であれば弔い方は気にしないのか。どちらが自分にふさわしいかを考えてみましょう。

宗教にこだわりがないのなら民営墓地

特に宗教にはこだわりがなく、宗教よりも通いやすさや墓石のデザインなどを重視している方には、民営墓地がおすすめです。民営墓地なら、仏教、キリスト教、神道など、どんな宗教を信仰している方でも申し込むことができます。

信仰している宗教で弔ってもらいたいのなら寺院墓地

寺院墓地は、その宗教の檀家のための墓地という考え方が一般的です。その宗派の檀家であればスムーズに申し込めますが、そうでない場合は改宗しなければいけないこともありますので、事前に確認しておきましょう。

使用料・管理費・寄付などの費用について

寺院墓地と民営墓地のどちらも、お墓を申し込み・維持していくには費用がかかります。

多少割高だがさまざまなサービスが受けられる民営墓地

民営墓地は、寺院墓地に比べると少し高めの使用料・管理費となっていますが、寺院墓地や公営墓地では受けられないような個性的なサービスを行っているところが多いです。

送迎バスやバリアフリーなど利便性を重視している民営墓地もありますので、今後お墓参りに来られる方の高齢化などを考えると、嬉しいサービスといえるでしょう。

寺院墓地の使用料・管理費は曖昧。定期的な寄付やお布施も必要

寺院墓地の使用料・管理費は、民営墓地と比べて同等もしくは少し安いくらいです。ただ、金額をはっきり言わないところもあるので、詳細については問い合わせたほうがよいでしょう。また、寄付やお布施を定期的することもお忘れなく。

墓石のデザインにこだわるかどうか

墓石の大きさやデザインについてですが、寺院墓地だと制限がある場合が多いです。民営墓地でも完全に自由というわけではないので注意しましょう。

ある程度自由なのは民営墓地

墓石の大きさやデザインについては、民営墓地のほうが比較的自由です。ただし、たいていの民営墓地は石材店が指定されていますので、事前に確認をとっておいたほうがよいでしょう。

墓石に特にこだわりがないなら寺院墓地

墓石に特にこだわりがない、一般的な和風の墓石を希望される場合は寺院墓地で問題ありません。民営墓地と同じく、石材店を指定されている寺院がほとんどです。

民営墓地、寺院墓地の違いを把握して終活をスムーズに!

以上、民営墓地と寺院墓地の3つの違いについてご紹介しました。

民営墓地はほかにも

  • 申し込み条件がゆるい
  • 休憩所などの設備が整っている

といったメリットがあります。

寺院墓地には

  • 法要をその寺院で済ますことができ、墓地も近い
  • 寺院の僧侶が日々管理しているので安心感がある

といったメリットがあります。 墓地にどんなことを求めるかによって選び方も変わりますので、一つ一つ考えながら、スムーズに終活を進めていきましょう。