HOME » あなたにピッタリな墓地・霊園の探し方 » 一般墓地とその他墓地の特徴・利点の解説と購入時の良くあるQ&A

一般墓地とその他墓地の特徴・利点の解説と購入時の良くあるQ&A

いざ、お墓を建てようと考えた時、「はじめてのことでどうすればよいのかわからない」という声をよく聞きます。一般的な墓地からガーデニング墓地その他、各墓地の特徴や違い、利点などについてお伝えします。

また、購入時によくあるQ&Aも紹介していますので、墓地選びに迷った時には、ぜひ参考にしてみてください。

一般墓地の特徴って?

多くの人がイメージする昔ながらの日本のお墓が「一般墓地」です。「○○家の墓」というように、家単位で代々利用するもので、引き継がれていきます。外柵と呼ばれる土台の上に墓石をたてるのが一般的で、隣のお墓との境界線に“境界石”や“境石”“巻石”とよばれる柵が設置されていることも多くあります。

割り当ての区画に自由に建墓でき、墓石の色や形、文字などのデザインもさまざまで、デザイン墓石などを施工依頼することも可能です。和型の墓石や洋型の墓石、灯篭や地蔵尊など、芝生墓地などの他の様式の墓地では建てられないものも、建墓、追加しやすいのが一般墓地です。墓地によっては建てられるものに制限がある場合もあります。

収められる遺骨の数に限りはなく、管理費を払い続ければ永続的に利用することができます。近年「芝生墓地」や「壁面墓地」など、多様化する墓地のスタイルと区別するため「一般墓地」と呼ぶようになりました。

ガーデニング墓地と芝生墓地の違いは?

ガーデニング墓地と芝生墓地の違いについて、まとめました。

ガーデニング墓地

「ガーデニング墓地」とは、墓域の周りにお花が植えられているタイプの墓地のことをいい、近年人気がでてきています。ガーデニング部分の管理は、一つひとつ管理する場合と、まとめて墓地の管理者側が管理する場合がありますが、まとめて管理する場合が一般的です。各墓所の規則で植えられる植物が決まっており、根があまり広がらない植物が一般的です。

ガーデニングのプロがプロデュースする場合もあり、植物園のような雰囲気の中にお墓があるのが特徴です。花壇墓地も同じタイプで、個々または共有のフラワーポットが設置されています。

芝生墓地

「芝生墓地」とは、墓域の周囲に芝が植えられているタイプで、近年増加の傾向にあります。欧米の映画に出てくるような墓地で、芝の広がる公園のような墓地に、平面に近い低い洋風の墓石があるタイプです。芝生墓地では和風の墓石を建てられない場合が多く、高さ制限が低いのも特徴です。

また、「一般墓地」と比べると隣のお墓との距離があり、外柵などを建てる必要がなく、墓石も小さく済むため、お墓を建てる費用が抑えられます。日本の「お墓」のイメージとは異なり、緑に囲まれ広々とした明るい「芝生墓地」は、故人を偲ぶ遺族や知人にとっても従来のお墓参りとはまた違った雰囲気を感じるでしょう。

2つの墓地の違いは

見通しがよく広々としたグリーンに低い墓石が特徴の芝生墓地と比べて、ガーデニング墓地は花壇があり、色とりどりの植物が植えられ、墓石の高さも芝生墓地より高いものも多くあるのが両者の違いといえるでしょう。

墓石を設置しない壁面墓地の利点

壁面墓地とは、L字型で統一されたデザインで、省スペースで墓石の量も少なく済むため、大きなお墓を望まない人や、低コストでお墓を建てたい人に人気のスタイルです。あらかじめ備え付けの墓石が用意されていることが多く、大きなデザインの変更はできないことが多いです。

決まったデザインに石の種類を選べるものや、決まった墓石に戒名や家名や家紋などを刻むだけのものなど、墓地によってスタイルはさまざまです。座椅子のような形で、座面に当たる部分に花立てや香炉が一体になっており、その下に納骨をするスペースがあるのが一般的といえます。隣のお墓とは連なっており、同じ形のお墓が一列に並びます。

一般墓地の一部分が壁面墓地になっている場合や、階段状に並ぶ壁面墓地など、都会の墓地にとっては限られたスペースを活用できるため、増加傾向にあります。核家族化や少子化が進む昨今、立派で高額のお墓を建てるより、土地面積も少なくシンプルで墓石費用も低コストに抑えられるメリットがある壁面墓地はニーズが高まっています。

お墓購入時によくあるQ&A

霊園の種類を知りたい

霊園には公営霊園、民間霊園、寺院霊園の3種類があります。それぞれ、メリット、デメリットがあります。

  • 公営霊園
    主に自治体で管理運営しており、募集は抽選で行ないます。
    管理費用が安く、宗教や宗派に制限がありません。多くの場合広々とした公園墓地です。立地が悪いことが多く、墓石デザインも選べない場合も多い。無縁仏となったお墓を撤去してその場所を再度利用することがある。抽選に当選するまで納骨ができないのがデメリット。
  • 民間霊園

    石材店などの民間企業が運営管理する一般的な霊園で、霊園ごとにタイプもさまざま。
    立地や交通の便がよく、宗教宗派問わず墓石も自由に選択できる場合が多い。
    公営墓地と比べると諸々割高感があり、霊園によっては石材店が指定される場合も。

  • 寺院霊園

    お寺が管理運営する霊園。
    お寺のそばにあるため、葬儀・供養・法要にも利点があり、お墓を継ぐことができなくなっても永代供養を受けられることがメリット。檀家にならなくてはならない場合がほとんどで、宗派も限られ、石材店も指定があることが多い。

お墓にかかる費用が知りたい

お墓を建てる費用は、墓石の費用と永代使用料があります。墓地の面積、使用する石の色や形、産地によっても価格はさまざまです。地域でも違いがあり、西日本より東日本の方が高い傾向にあります。全国の墓石の平均価格は約134万円です。

永代使用料は、お墓の土地を永代使う権利を得るために支払う費用のことで、平均価格は約77万円です。おおよそ190万円が平均的な建墓費用ということになります。

お墓は建てる時だけでなく、維持管理にも継続的に費用がかかります。費用の中身は、水道代や共用部分の備品、清掃の費用や管理運営費といった内容で、どのタイプの霊園墓地かによって金額が違います。ほとんどの場合が年間で払います。

公営霊園では平均4千円から1万円。
民間霊園では5千円から1万4千円。

寺院霊園では平均1万円ですが、檀家である場合は他にお布施などの費用がかかります。

お墓を引き継ぐ人がいない場合はどうすればよい?

お墓を継ぐ人がいない場合や子どもや孫に負担をかけたくない人には、あらかじめ一定の期間供養をお願いしておくことができる「永代供養墓」があります。他の人と一緒に納骨され、お寺が責任をもって合同で法要や供養をしてくれます。

墓石の費用は合同であるため通常よりも安く済みますが、納骨した遺骨は二度と取り出すことはできませんのでよく検討する必要があります。永代供養の契約期間が終わると共同墓などにうつされ、供養されます。

お墓を建てた後にすることはありますか?

お墓を建てたら、まず「開眼供養」をします。仏様の魂を墓石に宿らせ、ただの石から仏塔にする儀式のことで、僧侶に依頼する必要があります。お墓に納骨するお骨がある場合、「開眼供養」と同時に「納骨法要」を行ないます。お墓がすでにある場合は「納骨法要」のみ行ないます。

その後「四十九日法要」を行なうことになりますが、近年ではこの3つの法要を「四十九日法要」や「一周忌法要」と同時に行なうことも増えてきています。

石材店の選び方を教えてください

墓石の値段の相場と言われてもピンとこないことが多いでしょう。一生に一度買うか買わないかの買い物です。相場がわからず、実態や実店舗のない悪徳業者に騙されてしまうことがないよう、きちんと調べてから購入することをおすすめします。

事務所や店舗があり、長期間営業している実績がある石材店を選びましょう。全優石(全国優良石材店)に加盟している石材店は安心して購入できます。必ずお墓となる現地と、石材店を訪れ、すぐに契約してしまうのではなく見積もりを一度持ち帰って検討するようにしましょう。

このサイトは、霊園好きの個人が2016年3月に集めた情報で作成したものです。
最新の情報については、墓地・霊園の公式サイトもしくは担当する石材店にご確認ください。

おすすめ霊園・墓地カタログ