HOME » 小平市のおすすめ霊園・墓地カタログ

小平市のおすすめ霊園・墓地カタログ

ここでは小平市にある代表的な霊園の特徴や基本情報、評判などを紹介しています。

小平市でおすすめできる評判の霊園

小平市は多摩地区の中では東北部に位置する都心からは西に26km離れた市です。多摩というと起伏のある土地が多いですが、武蔵野台地の西側にあり、小平と名のつくように比較的平坦部が多くなっています。

古くからある寺院とともに霊園も数多くあり、青梅街道や五日市街道、西武各線など交通アクセスが良いため人気があります。その中でも代表的な霊園を3箇所紹介することにしましょう。

泉蔵院墓地

1744年からある天台宗・泉蔵院が管理する寺院墓地です。江戸時代の新田開発の面影を今も残し、寺域内には本堂、薬師堂、鐘楼、多宝塔、青銅不動明王など歴史的な建造物もあります。

一般墓所は広さが異なる4種類の区画がありますが、墓所の申込みをするためには面談をして泉蔵院の檀信徒になることが必要です。

泉蔵院墓地をくわしく見る≫

小平ふれあいパーク

バラの花がテーマのガーデニング霊園です。バラのアーチやアルハンブラ宮殿を思わせる噴水など、庭園の中にお墓がある雰囲気が癒されると好評です。

車以外に最寄駅から徒歩7分と電車でのアクセスもよく、墓所は一般墓やオーダーメイド墓、永代供養集合墓など様々タイプが用意され、ライフスタイルに合わせて選べます。

小平ふれあいパークをくわしく見る≫

都営小平霊園

1948年に開園した都営の霊園で、約65ヘクタールある広大な敷地では桜やケヤキ並木、四季を彩る植物が茂っており、お花見や散策を目的として訪れる人も多くいます。

抽選で当たらないと利用できませんが、一般墓地、芝生墓地、合葬式墓地、樹木墓地など種類が多いのが特徴で、野口雨情や壺井栄、小川未明といった著名人が数多く眠っていることでもよく知られています。

霊園に入るための条件

都営小平霊園に入るためには、年度ごとに行われるお申し込み公募内容に従って申し込みをする必要があります。毎年申し込み受付期間が設けられており、その期間内に申し込みをしなくてはなりません。

平成30年度

  • 募集区画数:(一般埋蔵施設)70か所・(芝生埋蔵施設)20か所・(小型芝埋蔵施設)100か所
  • 募集面積:(一般埋蔵施設)1.80㎡~5.95㎡・(芝生埋蔵施設)4㎡・(小型芝埋蔵施設)2㎡
  • 使用料:(一般埋蔵施設)1,540,800円~5,093,200円・(芝生埋蔵施設)34,640,000円・(小型芝埋蔵施設)1,818,000円
  • 年間管理料:(一般埋蔵施設)1,320円~3,960円・(芝生埋蔵施設)3,560円・(小型芝埋蔵施設)1,780円

となっています。年度によって変更となることはありますが、基本的に例年同じような募集内容となる場合が多いです。

ちなみに、平成30年度の場合は申込受付が7月2日~7月17日まで、抽選が8月28日となっていました。申し込みは、郵送申し込みもしくはインターネット申し込みが可能です。申し込みの際に書類は必要ありませんが、抽選の結果、当選した場合は必要となる書類があります。埋火葬許可証・東京都納骨堂使用券の書類のいずれか、戸籍謄本類・住民票または外国人登録済み証明書です。

必ず、応募を受け付けている期間内に申し込みを行いましょう。それ以降になってしまうと、申し込みをしても受付無効となります。

宗教や宗派の制限について

小平霊園は都営となっているため、宗教や宗派の制限はありません。どんな宗教・宗派であっても、無宗教であっても応募することは可能で、墓地を建てられます。

また石材店も業者指定がないため、どんなお墓でも建立できます。ただし、霊園で定められている決まりが存在しています。霊園の安全確保や景観維持をしなくてはならないため、墓石の大きさ・デザインによっては建立できない墓石もあるかもしれません。そもそも当選するかどうか、どの区画が当選するかはわからないため、石材店を巡って墓石探しをするのは当選後になるかと思います。しかし、こういう墓石が建立したい、という強い思いがある場合は、あらかじめ霊園に問い合わせをして建立可能かどうかを確かめておくとよいでしょう。せっかく当選しても、希望通りに建立ができないとなれば、また違う墓地を探さなくてはなりません。特に都営霊園は1年に1度の募集しかなく重複応募もできないため、事前の確認をおすすめします。

応募資格について

応募は誰でも可能なわけではなく、応募資格も設けられています。

  • 東京都に5年以上住んでいる(継続して住んでいることが条件)
  • 埋葬していない遺骨がある
  • 遺族と親族である(血族6親等、配偶者、婚姻3親等)
  • 一時収蔵施設以外の都立霊園の使用者でない

この4つが基本の応募条件です。応募資格を満たしていない場合は、抽選に申し込みをすることができません。また、他の霊園と同時に応募ができないため、小平霊園以外の都立霊園に抽選申し込みをすることは控えましょう。

また、区画も4段階に分けており、その中から選ぶことはできるのですが、割り振りは霊園が行います。それ以上の細かい指定はできません。

都営小平霊園の倍率

都営小平霊園の倍率は、年度によっても異なりますが、5倍~10倍ぐらいです。数年にわたって申し込みを行い、やっと当選したという人も多いでしょう。抽選なので運が味方してくれるかどうかも関係してきますが、なかなか当たりにくい霊園です。ただし、当選番号とともに補欠番号も抽選されるため、当選した人が辞退をした分、補欠で当選した人が繰り上げになるかの制もあります。毎年のように繰り上げ当選は発生しているため、当選していなくても補欠で当選していれば可能性はあるでしょう。

都営小平霊園をくわしく見る≫

このサイトは、霊園好きの個人が2016年3月に集めた情報で作成したものです。
最新の情報については、墓地・霊園の公式サイトもしくは担当する石材店にご確認ください。

おすすめ霊園・墓地カタログ