都立多磨霊園

ここでは都立多磨霊園の特徴・設備や区画料金、購入者からの評判などを紹介しています。

都立霊園として最大規模を誇る日本初の公園墓地

多磨霊園は1923年(大正12年)に開園した日本で初めての公園墓地です。都立の霊園としては最大の規模を誇り、敷地面積が約128ヘクタール、総区画数68,000区画のマンモス墓地となっています。

海外の森林墓地を参考にしたと言われる園内は墓所面積の割合を50%以下に抑え、緑地部分を確保。樹齢が80年になる1600本のソメイヨシノが春になると満開になり桜の名所にもなっています。

また東郷平八郎、山本五十六、新渡戸稲造、三島由紀夫、与謝野晶子といった著名人が埋葬されていることでもよく知られており、お墓参りツアーなどで訪れる人も数多くいます。

墓所区域は園路ごと26に分けられていて、一般墓地の他に芝生墓地、壁墓地、ロッカー式納骨堂や合葬式墓地など様々な形態があります。とにかく広いため目的の墓所に迷わずいくためには、最初に管理事務所で案内図をもらうと安心です。

電車でのアクセスは最寄駅から徒歩かバスを利用します。園内の中心をバスが通っているので、場所がわかっていれば墓所近くで下車することができて便利です。車の場合は園内に駐車場が無いため、近隣のコインパーキングなどを利用することになります。

多磨霊園は利便性に優れているためとても人気があり、申込みは抽選になります。宗教・宗派は不問ですが、都内に3~5年以上継続して居住等の応募資格が設定されているので注意が必要です。

基本情報

  • 名称:都立多磨霊園
  • 所在地:東京都府中市多磨町4-628
  • 交通アクセス:【車】中央自動車道「調布インター」から7分【電車】西武多摩川線「多磨駅」から徒歩7分、京王線「多磨霊園駅」からバス「霊園正門」下車徒歩3分
  • 経営主体:東京都
  • 宗派:宗教・宗派不問
  • 総区画数:68,000区画
  • 敷地面積:1,280,237平方メートル
  • 施設:管理事務所、法要施設、納骨施設、東屋、休憩所、売店、トイレ

価格

  • 一般墓所(1.80㎡)永代使用料:1,582,200円~ 年間管理費:1,220円
  • 一般墓所(5.90㎡)永代使用料:5,186,100円 年間管理費:3,660円
  • 長期埋蔵施設(みたま堂)永代使用料:258,000円 年間管理費:3,210円~

利用者からの口コミ・評判

  • 緑が多くとても広い霊園です。桜の木がたくさん植えられていて春になると綺麗です。墓地ですが公園のようにあたたかい雰囲気があります。
  • 毎年祖母の命日に親族一同で墓参りをするのですが、広い敷地にもかかわらずいつも清掃が行き届いていてキレイです。
  • 敷地が広大で迷路のようになっています。初めて利用する時は事前に場所をよく確認した方がよいと思います。

この霊園を取り扱っている石材店

株式会社大光石材 営業時間:8:30~18:00
定休日:木曜日
http://www.daiko-stone.com/
 こがねや石材株式会社 営業時間:9:00~17:00
定休日:年中無休
http://www.koganeya-148.com/
株式会社石乃家 営業時間:9:00~18:00
定休日:年中無休
http://www.ishinoya.co.jp/