HOME » 青梅市のおすすめ霊園・墓地カタログ

青梅市のおすすめ霊園・墓地カタログ

ここでは青梅市にある代表的な霊園の特徴や基本情報、評判などを紹介しています。

青梅市でおすすめできる評判の霊園

青梅市は多摩地域の中では北西部に位置し、丘陵や山地が多いため開発はあまり進んでいませんが、西側が秩父多摩甲斐国立公園に属しているため都心から観光目的で訪れる人で賑わいます。

金剛寺、塩船観音寺、武蔵御嶽神社など歴史を感じる寺社仏閣が数多くあり、大型墓地だけでなく寺院管理の小規模な霊園の割合も高くなっています。ここではその中でも特におすすめの霊園を紹介しましょう。

大多摩霊園

青梅の丘陵地にある都内有数の大規模公園墓地で総面積は東京ドーム5個分の広さ。敷地内には桜並木や花壇公園、日本庭園などがあるため、自然豊かな環境の中で散策したりお参りすることができます。

使用できる10,000区画はすべて一般墓所で、広さの異なる5種類の区画を用意。宗教・宗派不問で公営墓地のような申込制限もないため、生前墓として購入する利用者も多くいます。

霊園に入るための条件

大多摩霊園は、宗旨、宗派に問わず使用することができますが、日本国籍を有するもののみと限られています。ただし、管理者が承認した場合は、他国籍を有するものでも使用ができることとなっています。

霊園を利用する際には、墓地使用申込書に住民票の謄本を添付し、使用料と管理料を所定の時期に納付することが原則となります。

使用料は0.5㎡で100,000円、年間管理料が5,800円となります。面積が広くなればなるほど、使用料も年間管理料も高くなっていくため、管理事務所で確認しましょう。

使用条件、注意事項

使用の決まり

墳墓の用に供する目的以外では使用することができません。必ず目的を守って使用しなくてはなりません。また、建墓工事は使用範囲の区画を明らかにするため、1年以内に外作工事を設けること、高さは60㎝以内にすることが使用条件となっています。また盛土の高さは道路面30㎝以上、45㎝以内まで、石碑などに類するものは2m以内と定められています。また植樹の高さも2m以内としており、他の墓地に迷惑を及ぼしてしまう場合は、使用者に通知したうえで処分となります。その際の費用は使用者が負担することとなるため、注意しましょう。

ただし、管理事務所が立ち会ってやむを得ずと判断された場合は、この限りではないとします。しかし、制限外工事となってしまうため、届け出を出して承認を受けなくてはなりません。

石材店の指定

建墓工事を行う際は工事施工承認が必要となっているため、事前に届け出を行わなければならず、また工事に使用する石碑などは霊園が指定している石材店を利用しなくてはなりません。その他に、建墓工事については、管理事務所の指示に従うこととなっています。

墓地の使用取り消し条件

使用者が3年以上管理料を納入しない場合や、使用者の死亡後2年を経過しても、承継する人の届け出がない場合、使用区画を第三者に譲渡したときや近隣の使用者の迷惑となる行為があったときには、墓地の使用を取り消すことがあるため、注意しましょう。正しく使用方法を守っていれば、使用の取り消しを受けることはありません。

もしも使用権利の取り消しが発生した場合、霊園の任意によって埋葬済みのお骨を別の場所に移転改葬すること、建墓済みである外柵や石碑を解体することができるとします。その際の使用も使用者負担となるため、あらかじめ気を付けておきましょう。

管理料の使用用途

管理料に関しては、園内の環境設備、清掃、道路の維持、事務管理など霊園管理に要する費用として納める必要があります。ただし、清掃や環境整備は共用となる霊園内のみで、墓地内の清掃や植木のお手入れは各自で行うこととなっています。

使用権利の返還

使用権利の返還をする際は、所定の書類を管理者に届けること、そして使用墓地を原状回復させて変換することとされています。使用墓地を原状回復させていない場合は、霊園が通知をしたうえで設備を解体・移動させることができます。その際にかかる費用も使用者もしくは相続人の負担です。

名義人の変更

使用名義人が死亡した場合、届出と承継手数料を添えて管理者の承認を得ることができれば、相続人もしくは親族1人が墓地の使用権利を承継できます。ただし、使用名義人が死亡後2年を超えて承継の意思表示がない場合、使用の取り消しを行うこともあります。

職員による相談も受付

生前に墓地を探しておきたい、家族に後で面倒をかけたくない…という人のために、大多摩霊園では職員による相談も受け付けています。常駐している職員が、霊園の見学はもちろん、墓地のあらゆる相談に応じてくれるため、安心してゆっくりと墓地を探すことができます。家族みんなで選べるため、納得のいく墓地を見つけることができるでしょう。

大多摩霊園をくわしく見る≫

蜆沢院霊園

青梅の山間に位置する寺院墓地です。霊園を管理する蜆沢院は関東のパワースポットとしても知られ本寺を曹洞宗の天寧寺とするため様々な仏事の相談が可能です。

敷地面積は1,000平方メートル強で、一般墓所のみですが各区画の広さに余裕があり、使用料も低く設定されているので低予算でも利用できます。利用に際しては檀家になることが条件となります。

蜆沢院霊園をくわしく見る≫

光華園霊園

1969年に開園した庭園型霊園の先駆け的存在の墓地です。自然の木々を採り入れて整備しているのが特徴で、四季の移り変わりを間近に感じることができる環境になっています。

1,500区画ある墓所はバリアフリー構造で、広さのバリエーションが豊富なので様々な形態のお墓に対応可能。寺院墓地ながら宗教・宗派不問なので誰でも利用することができます。

光華園霊園をくわしく見る≫

墓石代の平均価格

墓石代は石の種類やデザイン、付属品などによってもさまざまですが、一般的な墓石を購入した人の平均価格をまとめてみました。

ある石材店の調査によると、全体の墓石代の平均価格は110万円前後となっています。これは、必ずしも100万円以上掛かるというわけではなく、割合としてもっとも多いのは80万円未満なのです。

次いで80万円~120万円くらいが多く、120万円以上、200万円以上と続くのですが、非常に高額になる人もいるため、平均価格が上がっていると考えればいいでしょう。

ただ、このデータは参考値であり、調査する地域や石材店によっては100万円以上が多くなったりすることもあります。

どちらにせよ、50万円未満や200万円以上の人はそう多くありませんので、平均価格としては80万円~150万円くらいと見ておいてください。

墓石代の内訳

墓石代は単純に石の値段というわけではなく、墓石に家名や題目を彫刻する費用や、磨き直し代、工事費などの加工費、それに付属品やデザインなどによっても変動します。

墓石にもいろいろな形があり、彫刻する部分を額縁にしたり、水垂を作ったり、墓石の乗る台を装飾したりすると追加料金が発生します。

また、付属品には卒塔婆や燈篭、香炉、花立、水鉢などがあり、これらの材質や装飾の度合いによっても価格が変わってきます。

さらに、基礎工事に加えて耐震加工や外柵などを追加すると費用が加算されますので、墓石代は石そのものの値段だけでなく、加工費や工事費なども合わせて計算しておく必要があります。

墓石代の内訳一例

具体的にどのくらいの費用が掛かるのか、一例をご紹介します。

シンプルなデザインの和風墓石の場合

  • 石材費:約60万円(一般的な墓石、中国産の場合)
  • 彫刻費:5万円(戒名・家名・逝去日・年齢など)
  • 工事費:20万円(墓地の基礎となる基礎工事や墓石を組み立てる工事、耐震加工など)
  • 付属品:3万円(ステンレス製の香炉、花立、水鉢など)

以上で、合計88万円ほどになります。

もっといい墓石を使用したり、外に柵を設置したり、凝ったデザインや付属品を追加すると数十万円単位で費用が増えていきますので、200万円以上になることもあるのです。

ただ、もっとも費用の割合が大きいのはやはり石材費ですので、どの石を選ぶかによって全体の費用は大きく変動するでしょう。

オリジナルの墓石デザインもある

墓石と言えば長方形の形を思い浮かべる人が多いかと思いますが、実際は墓石のデザインは非常に豊富で、和風のものでも標準型に加えて五輪棟や大名墓などがあり、高さの低い洋風のものや、石材店のオリジナルデザインのもの、または故人の趣味を反映した個性的なものまでさまざまです。

やはりシンプルなものほど価格は安く、高級感があるものや凝ったデザインのものは高額になっていきます。石材店のオリジナルデザインで、風情のあるものだと200万円以上するものも少なくありません。

特に値段が読めないのが、故人に合わせて一から作る、いわゆるオーダーメイドの墓石です。

まず、これまでにないデザインにしたいのなら、イメージするものから図面を起こし、しっかり安置できるように設計して納得のいくものを決めていくので、デザイン料も掛かるますし、製作にも時間とお金が掛かります。

もともとあるデザイン墓石が200万円くらいなら、オーダーメイドは250万円以上、製作期間も半年くらいは掛かるので、納骨の時期も考慮しないといけません。

ただ、そうして作られた墓石は故人を忍ばせてくれる特別なもので、お参りに来る人にとっても貴重な存在になるでしょう。

生前夢中になっていたスポーツや趣味があるなら、オーダーメイド墓石を検討してみるのもいいかもしれません。

このサイトは、霊園好きの個人が2016年3月に集めた情報で作成したものです。
最新の情報については、墓地・霊園の公式サイトもしくは担当する石材店にご確認ください。