お墓のクリーニング

ここではお墓のクリーニング方法について解説。自分で行う以外に石材店に依頼するやり方も紹介しています。

墓参りの度にクリーニングをして劣化を防止

お墓は年中風雨に晒されているため、放置しておくと劣化します。最初はあまり目立ちませんが、10年を過ぎた頃からカビや汚れがひどくなり、30年以上経過すると風化も起こってきます。

お墓の劣化を防ぐためには、こまめにクリーニングを行うことが重要です。墓参りの際に、必ずお掃除グッズを持参してメンテナンスするようにしましょう。

墓石の掃除は水洗いが基本でスポンジを使います。よくタワシで掃除をする人を見かけますが、墓石を傷つける可能性があるので、あまりおすすめできません。

頑固な汚れには洗剤を使用します。但し、強力だからといって塩素系、酸性系の家庭用洗剤は墓石が変色したり、傷んだりしますので避けるべきです。ホームセンター等で石材用の洗剤を揃えておくとよいでしょう。

また歯ブラシを用意しておくと意外と役に立ちます。名前が彫られている部分や線香皿など、細かなところを掃除するのに最適だからです。

さて、墓参りの度に必ず掃除すると言っても通常は年に1~2回程度。それだけでは決して十分とは言えず、目に見えない部分の汚れは落としきれずに蓄積していきます。

お墓を長くよい状態にしておきたいと考えるならば、10~15年に1回くらいは石材店や業者などにクリーニングを依頼することをおすすめします。

お墓のクリーニング事例

お墓のクリーニング前の写真 ⇒ お墓のクリーニング後の画像
引用元:株式会社 大光石材HP
http://www.daiko-stone.com/reform02.html

お墓のクリーニング前の写真 ⇒ お墓のクリーニング後の写真
引用元:栃木家石材店
http://www.tochigi-ya.co.jp/construction/maintenance/index.html

石材店へクリーニングを依頼する効果とは?

石材店などにお墓のクリーニングをお願いすると、お金がかかるため躊躇してしまう人がいます。もちろん無料ではやってもらえませんが、料金以上の効果が期待できます。

特に何十年も経過しているお墓の場合は、石に含まれる鉄分が錆びて茶色くなってしまったり、水垢汚れが黒く変色してしまい、素人では汚れを落とすのはほぼ不可能です。

石材店はプロですから墓石の性質を熟知しており、高圧洗浄機を使って水洗いをしたり、カビやコケを分解する溶剤を使用してお墓を痛めることなくクリーニングをすることができます。

その他、雑草取りや植木の剪定などにも対応している石材店がありますので、気になる箇所は事前に相談しておくとよいでしょう。

専用の機材や道具を揃えたり、掃除をする労力を考えれば、石材店のクリーニングサービスを利用した方がむしろ安上がりと言えます。

また、業者にクリーニングを依頼すると、経年劣化で墓石にヒビが入っていたり目地が剥がれ落ちている箇所を発見できるという利点もあります。

お墓の点検をするという意味でも、石材店へクリーニングを依頼することは有効に働くのです。

お墓のクリーニングが依頼できる石材店5選