お墓の引越し

ここではお墓の引越しをする際に必要な手続きや流れ、費用について解説しています。

お墓の引越し(改葬)の流れと手続き

最近はお墓の継承者がいない、住居からお墓までが遠いといった理由でお墓の引越しをする人が増えています。

お墓の引越しとはお墓に納めた遺骨を他のお墓や納骨堂などに移すことですが、正式にはこれを改葬と呼びます。

改葬に関しては「墓地埋葬等に関する法律」に定められていて、勝手にお墓や遺骨を移動することは禁じられています。必要な手続きを行わないと引越しができなくなりますので注意が必要です。

手続きも含めたお墓の引越しの流れは以下の通りですので、順番をよく確認してください。

1.引越し先(新しい墓地)を決定

引越し先となる墓地・霊園を探して契約を結びます。その際に永代使用許可証または受入証明書を発行してもらいます。

2.既存墓地から埋葬証明書をもらう

現在の墓地管理者に改葬することを伝えて、埋葬証明書(納骨証明書)を発行してもらいます。

3.既存墓地がある市区町村で改葬許可をもらう

現在の墓地がある市区町村で改葬許可申請書をもらい、必要事項を記入して現在の墓地管理者に署名・印鑑をもらいます。その上で受入証明書と埋葬証明書を添付して申請書を提出すると、改葬許可証が発行されます。

4.遺骨を取り出す

現在の墓地に改葬許可証を提示して遺骨を取り出します。その際に閉眼供養や抜魂供養といった法要を行います。墓地は更地に戻して返します。

5.新しい墓地に移動

新しい墓地の管理者に改葬許可証を提出して遺骨を移動して埋葬し、開眼供養などの法要を行います。法要は宗派・寺院によって異なるので確認してください。

お墓の引越しに必要となる費用

お墓の引越しは遺骨を移動するだけでなく、既存の墓石を撤去して更地に戻したり新しいお墓を建てたりするので様々な費用が発生します。主な費用項目は以下のようになります。

  • 遺骨の取り出し、埋葬
    石材店にお墓を開けてもらう作業費としてそれぞれ3万円程度かかります。
  • 閉眼供養・開眼供養
    遺骨を移動する際に行う法要で、お布施としてそれぞれ1万円~5万円が必要です。
  • お墓の撤去工事
    石材店に依頼してお墓の撤去とその後は更地に戻す必要があり、20万円~30万円ほど費用がかかります。
  • 新しいお墓の永代使用料
    お墓の形態や面積によって異なりますが、一般墓地の場合は永代使用料として60万円~100万円くらい必要です。
  • 新しいお墓の工事代金
    新しく墓石を建てる場合には、工事代金として100万円~200万円程度かかります。

お墓の引越しは遺骨と石碑を一緒に移動したり、遺骨だけを移動するなど様々なパターンがあるため、一概にいくらかかるとは言えません。

その他、事務手数料や離檀料を請求されることがありますので、すべてを合わせるとかなり大きな金額が必要になると考えておいた方がよいでしょう。

お墓の引越しの相談ができる石材店5選